ブログ嶋影健一の想い

2019年08月30日

ブログ嶋影健一の想い

2019年08月30日

コストの考え方 令和元年8月

今回はコストに付いて考えて見たいと思います。
一般的にはイニシャルコスト(初期投資)とランニングコスト(完成後の維持費)に分けられます。
イニシャルコストの中には「設計監理料」と「工事費」があります。

■「合同会社地球と家族を考える会」は設計から施工に関わる全職種が入っていますが、私達は「設計・監理」を担っています。
設計条件として「人間~地球の健康」を基本に、オリジナル作品を「無から生む」ために、設計には充分時間を掛け、最終的にお施主様と価値観を共有した完成模型を作成します。
工事では完成模型を元に監理を行います。
このように時間と手間が掛りますので、住宅に関しては設計料は工事費の10%を基本にしています。
今後、設計料を安くするには、標準化が必要なので、現在思案中です。


■工事費ですが、大きく分けて、環境に配慮するか、しないかで大きく変わります。
今後は温暖化から「人間~地球の健康」に配慮した建物が、主流になると思います。
そこで、一般住宅と私達の仕様を比較してみると、コストの違いが良く分かります。

・基礎:布基礎(基礎と土間が別々)とベタ基礎(基礎と土間が一体)があります。
私達はベタ基礎ですが、最近はこれが主流と思われます。

・構造材と構法:一般的には外材(安い)が主流ですが、私達は地域材の杉、桧(高い)を使い、一般的には使用されていない、伝統構法を用いて長寿命住宅を実現しています。

・床下:一般的には乾燥のために外部環境にしますが、私達は足元を冷やさないために、コストを掛けて、床下全体を断熱材で覆い、室内環境にします。

・外壁と内装:一般的には安い⇒外壁はサイディング、内部は石膏ボードで大壁にし、その上にビニールクロスなどで仕上げますが、調湿機能は無いので結露が問題になります。
大壁と真壁の比較図

私達の仕様は高級⇒基本的に外壁はスーパーボード(軽量気泡コンクリートに高耐久の塗装仕上げ)を張ることで断熱性と遮音性と防火性を高め、内部は真壁で、壁、天井とも杉板やモイスの自然素材で仕上げ、調湿機能のある健康的な空間ができます。

・断熱材:一般的に壁、天井はグラスウール(安い)ですが、私達は環境に優しいセルローズファイバー(高い、エコライフ(株))を壁、天井に吹き込みます。

・サッシの断熱性能:開口部の熱ロスが一番大きいので、一般的には熱還流率2.33[W/(㎡・K)]以上ですが、私達は1.31[〃]以下なので結露はしません。数値が小さい程良いのです。

・屋根:他には無い「そよ風」(環境創機)を搭載します。
一番のコストアップに繋がりますが、「健康」はお金では買いないので、これをお薦めしています。

・バリアフリー:基本的に車椅子や高齢者に優しい建物にしますので、コストが掛りますが、外部から1階部分をバリアフリーにします。
そこに「そよ風」で床下に温風を送り「熱のバリアフリー」を実現しますと、最終的に「心のバリアフリー」に繋がります。

■コスト的には、平屋が一番高くなるので、単価は一番安い総2階建を想定しています。
現在職人不足や値上げで一般的な住宅約は60~70万、私達は約80~85万、例えばハウスメーカーのS社は90~100万と言われています。
・今後は未来志向の住宅が求められますが、皆様は「健康」をどの様に考えていますか。

 
実物サイズで、リアルな生活を体感できる。 
KUMIKOのデザイン・技術を余すところ無く注ぎ込んだ、展示場。 
自然素材へのこだわりとデザインへのこだわりが凝縮された展示場へ、どうぞご来場ください。

KUMIKO展示場へようこそ

杉の特性、伝統構法の技、そして心地よさ。
あなたのその目で、その身体で、その五感で感じてください。
体験したことのない温かさがあなたを包みます。