KUMIKOとは

ふくしまの家KUMIKO概要

KUMIKOとは

ふくしまの家KUMIKO概要
 

KUMIKOとは

KUMIKOは「地球と家族を考える会」がつくる木組みの家の名前です。
ネーミングのもとになった「組子」は、障子や欄間に使われる繊細な匠の技。
自然素材と自然エネルギーで組み上げられるこの家づくりには、先達から引き継いだ技に、さらに磨きをかけた高度な技術が存分に活かされています。

伝統構法を守ることは、森林を守り、環境を守り、ひいては人の未来を守ることにつながります。
建て主・生産者・職人が手を組み、家を組み上げ、未来を組み上げていきたい。

KUMIKOという名前にはそんな願いが込められています。


「ほんまもん」に住んでほしい

KUMIKOは地域の事情に精通し、建築に関わる職域をすべて網羅する職人ネットワーク「合同会社地球と家族を考える会」が、素材にこだわり、地元の棟梁始め職人たちで手をかけ組み上げます。

こだわりの素材の条件は「土に還る」こと。
無垢の木を始め、人の心と身体、子どもたちの未来、地球環境のために土に還る素材で造ります。
家の終末期にゴミになる家は、造らない。
それが、地球と家族を考える会の家造りにとって絶対譲れないキーワードです。


本物の素材にこだわる家造りに資金を心配される方もいらっしゃるかもしれません。

KUMIKOでは利益を確保するための建材の縛りや、営業費・広告費への転嫁もありません。
お施主様の大切な資金を、本当に必要な部分へと費やす家づくりが可能です。

ただただ、適正な価格で適正な価値をお届けしたい。
多くの建築物に携わってきたわたしたちが、本当に良いと自信をもって勧めることのできる「ほんまもん」に住んでほしい。

KUMIKOの、愚直なまでの願いです。


地元で産まれたものを地元で生かす「地産地消の家KUMIKO」

「地産地生(ちさんちしょう)」とはその地域産まれたものをその地域生かし、家族・地域・地球全てに心地良いものを提供したいとの願いを込めて名づけました。

地場産杉を主材として自然素材と自然エネルギーにこだわり抜いたKUMIKOは、シックハウスの原因となる新建材も極力使わない、アトピーの家族にも安心な住まいです。

無垢材で包まれた室内は木の持つ調湿効果で快適そのもの。


さらに、伝統構法による木組み+新技術(国交大臣認定)は東日本大震災にもびくともせず、耐震性にも優れた住まいであることが立証されました。


KUMIKOの居心地を創るもの


夏の涼しさ、冬のあったかさ。これはもう何ものにも代えられない快適に暮らす際の第一条件です。
光熱費をかけての冷房や暖房のみに頼ることなく、建物の力に任せることができる、それはKUMIKOを構成する断熱材セルロースファイバーパッシブソーラーそよ風の力の結晶からつくりだされるものです。

温暖化で地球の未来が不安視される今、少しでも地球環境を修復し、未来に生きる人々が幸せに暮らせることを願い、自然の恵みである素材(杉、桧)と自然に寄り添う技術(パッシブソーラーそよ風、断熱材セルローズファイバー)と古来より培われた伝統工法(真壁と込み栓で造る構法)で組み立てました。

KUMIKOの快適な居心地を創る杉と断熱材セルロースファイバーとパッシブソーラーそよ風の力


グッドデザイン賞を受賞

未来への暮らしモデルをこの福島から

ふくしまの家KUMIKOは「2012グッドデザイン賞」をいただきました。
受賞の内容はこちら
をぜひご覧ください。


 
 
実物サイズで、リアルな生活を体感できる。 
KUMIKOのデザイン・技術を余すところ無く注ぎ込んだ、展示場。 
自然素材へのこだわりとデザインへのこだわりが凝縮された展示場へ、どうぞご来場ください。

KUMIKO展示場へようこそ

杉の特性、伝統構法の技、そして心地よさ。
あなたのその目で、その身体で、その五感で感じてください。
体験したことのない温かさがあなたを包みます。