在来軸組真壁工法

在来軸組真壁工法

KUMIKOでは金物を使わずに長ほぞ、込み栓で結合します

在来軸組真壁工法

KUMIKOでは金物を使わずに長ほぞ、込み栓で結合します
 

込み栓・長ほぞ・真壁

木の腐朽を防ぎ、建物を長持ちさせます

込み栓・長ほぞ・真壁
込み栓・長ほぞ・真壁

柱と土台、柱と梁・桁の接合は「長ほぞ込み栓」でしっかりと木を組みます。

小さなKUMIKO』は在来軸組真壁工法で造ります。 軸組工法は、日本の気候風土に適した、古くから引き継がれ発展してきた伝統的な工法です。土台・柱・梁・桁などからなる構造で、間取りの自由度が高く、大きく開放的な空間を求めることができます。

土台と柱、柱と梁桁の接合部は最も重要な部分で、継手仕口といい、熟練の匠の技が必要とされ、KUMIKOでは金物を使わずに長ほぞ、込み栓で結合します。

現在、柱を壁で隠す大壁造りが殆どですが、KUMIKOは室内に柱が見える真壁造りにこだわりました。木と木を木組みで結合させるため、写真のように美しい構造が見られます。木が表に出ることで結露などから木の腐朽を防ぎ、建物を長持ちさせることが最大の長所です。


 
 
実物サイズで、リアルな生活を体感できる。 
KUMIKOのデザイン・技術を余すところ無く注ぎ込んだ、展示場。 
自然素材へのこだわりとデザインへのこだわりが凝縮された展示場へ、どうぞご来場ください。

KUMIKO展示場へようこそ

杉の特性、伝統構法の技、そして心地よさ。
あなたのその目で、その身体で、その五感で感じてください。
体験したことのない温かさがあなたを包みます。