ブログ嶋影健一の想い

2019年07月01日

ブログ嶋影健一の想い

2019年07月01日

「建物の健康」について 令和元年6月

今回の「建物の健康」については、一般的には「建物の耐久性を高める」ことが考えられますが、最も大切なことは「長く使える」ことです。

「長く使える」ことの最終目標として「終の棲家⇒車椅子の生活」を想定していますが、その他に重要なことは構造体を再利用(リユース)することです。
この考え方は、子どもの福祉や建築に対する理解と教育にも繋がり、この考え方が当たり前の社会になる事を願っています。
モデルハウス「KUMIKO」はその様な考えで作られていますので、是非見て頂きたい。

KUMIKOのアプローチの写真

駐車場からアプローチ~玄関までフラットなKUMIKO

次に「人生100年の住まい」には「建物の耐久性を高める」必要があります。
その為には5つのチェックポイントが考えられます。

① 地盤:基本は※地山が理想です。出来れば土の中にお金を掛けたくありません。
※地山:例えば山を削って平らにした戸建ての分譲地の場合には、その削られた地盤を言います。

② シロアリ:床下の湿気を好みますので、土台と基礎の間で自然換気をしますが、強制換気(換気扇)をしないと建物中央部は難しい。
理想は神社やお寺の高床式です。
「KUMIKO」は、前回お話をしたように「そよ風」で床下を温めますので、乾燥状態になり、シロアリには住みにくい環境になります。

③ 屋根:最近は屋根の出ない建物が多く見られますが、日本の気候・風土に合った神社やお寺の形を見ると、屋根が建物を守っていることが良く分かります。
「KUMIKO」は、そのことを踏まえ、極力屋根を出すことにしています。
KUMIKOの外観写真

深い庇(ひさし)の玄関よりアプロ―~駐車場を望む

軒の出の深いKUMIKO

④ 構造材と構法と耐久性
・一般的な住宅の構造材は外材で、構法的には金物(鉄板・釘、ビス)を多用します。
木と金物は相性が悪く、一般的に耐久性は30~40年と言われています。
・「KUMIKO」は、構造材は地元の杉と桧で、構法は日本の伝統建築の古民家(組み立て可能)に倣って作られており、
耐久性は最低でも100年は持つと考えています。
⑤ リユース:この考え方は「地球の健康」にも繋がります。
・一般的な住宅は、④で述べた他に、柱は壁で覆われて(大壁)呼吸が出来ず、殆どが産業廃棄物になります。
・「KUMIKO」は、古民家を基本にしており、柱は表に現れる(真壁)ので呼吸が出来、全体的に再利用が可能です。

次回は「地域の健康」、「地球の健康」に付いて話したいと思います。

 
実物サイズで、リアルな生活を体感できる。 
KUMIKOのデザイン・技術を余すところ無く注ぎ込んだ、展示場。 
自然素材へのこだわりとデザインへのこだわりが凝縮された展示場へ、どうぞご来場ください。

KUMIKO展示場へようこそ

杉の特性、伝統構法の技、そして心地よさ。
あなたのその目で、その身体で、その五感で感じてください。
体験したことのない温かさがあなたを包みます。