KUMIKO便り ☆月と木星☆

KUMIKO便り

2011年09月16日

KUMIKO便り

2011年09月16日

KUMIKO便り ☆月と木星☆

お気づきでしょうか。
月と木星が接近しています。
そして今宵、9/16はお隣同士に並びます。
今日は寝待ち月ですので月の出が遅く、月と木星がお隣同士になった姿が見られるのは夜半になると思いますが、起きておられたらぜひ東の夜空を見上げてみてください。
月の次ぐ傍に寄りそうきらきらと輝く木星が見られます。
素晴らしく綺麗です。そして、きっと安らかな気持ちになれると思います。

昨年の5/16の金星と三日月のランデブーはそれはそれは美しいものでした。
その日は日曜日でKUMIKOを開けていましたので、夕方仕事を終えて玄関を出た途端、真っ暗な南西の空に細い爪のような三日月と金色に光る金星が並んだ姿が目に飛び込んできました。
思わずため息がもれました。
わずか1時間ほどの月と星のランデブーでした。
素敵なプレゼントを貰ったような気持ちになりました。全ての事に感謝したい気持になりました。
今宵もそんな夜空が見られると思います。

ところで、
KUMIKOの建つ須賀川の総鎮守、お諏訪様に、『心に旅を』と題した神社本庁のポスターが貼られてあります。

手を合わせた祈りの写真の横にこんなことが書いてあります。

“自分の心に、少しだけ旅をさせてあげましょう。
手を合わせ、目を閉じるだけで毎日の忙しさから 心を解き放してあげることができるはずです。
自分へ、自然へ、祖先へ、~向き合う心の旅。
静かな気持ちで、無垢な心と向き合えれば、その奥底から、きっと答えが帰ってきます。
毎日、心に旅を。”

掌を合わせ、目を閉じると、否が応でも心の奥へ向き合うことになるのですが、
凡人の私は、心の旅に出る前に、その時一番気になっていることに向き合ってしまいます。
思わず知れず、こうなって欲しい、と念じてしまいます。

今宵、寝待ち月と木星に向う時、きっとその美しさに思わず掌を合わせてしまうと思います。
1日も早い震災からの復興、なにより原発の終息を念じたい。

 
実物サイズで、リアルな生活を体感できる。 
KUMIKOのデザイン・技術を余すところ無く注ぎ込んだ、展示場。 
自然素材へのこだわりとデザインへのこだわりが凝縮された展示場へ、どうぞご来場ください。

KUMIKO展示場へようこそ

杉の特性、伝統構法の技、そして心地よさ。
あなたのその目で、その身体で、その五感で感じてください。
体験したことのない温かさがあなたを包みます。