☆秋田 漣 津軽弁でシャンソン☆

KUMIKO便り

2018年07月02日

KUMIKO便り

2018年07月02日

☆秋田 漣 津軽弁でシャンソン☆

6月28日は1年に1度しか出逢えない特別な満月、ストロベリームーンでした。
ストロベリームーンを見る事が出来たら幸運に恵まれるとか。

番人は早速29日に幸せを貰いましたよ♫

前回のKUMIKO便りでコマーシャルしていたコンサート、行って参りました!!
「~小原孝の奏でと村上信夫のトークで紡ぐ~秋田 漣 50周年記念コンサート
サブタイトルー津軽のことばでシャンソンをー

歌い出した途端、漣さんの豊かな人生がステージいっぱいに広がり、シャンソンって人生なんだって思いました。
喉が素晴らしくてもこの世界は醸せない。
いかに生きてきたか、なんでしょうねぇ…。
特にアンコールで歌ってくさだった「津軽のふるさと」は心に沁みました。
そして、歌の間のとつとつとした津軽弁の語り。耳にも心にも沁み渡りました。

YouTubeで探しましたら「ふるさとの山」を見つけました。
歌詞にある”今はもうりんごの枝も伸びっぱなしのまま”に耳がピクッとするのです。
お時間のある方、聞いてください。

 

漣さんは四捨五入すると80歳なのだそうです。
だから、途中に休憩が必要なのだそう。

漣さんが〝お休み″している間は伴奏者の小原孝さんのピアノタイム。
タイトルは「弾き語りフォーユー in 郡山」(小原さんのジョークです)
「弾き語りフォーユー」はNHKFMで月~木の午前11時から小原さんがピアノの弾き語りをする、20年続く長寿番組です。
弾き語りはクラシックから唱歌までよどみなく、会場を酔わせました。
暗い中ステージだけを見ていても、ため息、どよめき、拍手で会場の皆様の気持ちが伝わってきます。
小原さんはシャンソンの伴奏はほとんどしないそうですが漣さんとの競演は見事でした。

更にさらにMCの村上さんの語り口の爽やかな事。
全てが優しくて爽やかであったかい。
あっという間の1時間半でした。

村上さんがコンサートのことをブログに書いていますのでよろしければ覗いてみてください。
ステージの写真があります。
このコンサートが一人の郡山の女性の奔走によること、多くの人の熱い気持ちの結晶であることを知ると、世の中捨てたもんじゃないとほのぼのとした心持になります。
https://ameblo.jp/nobu630/entry-12387658501.html

漣さんは、青森県弘前で「シャンソン酒場 漣」を営み、そこで歌っていらっしゃいます。
弘前への熱い思いを津軽弁で語られ、以前から弘前へ行きたいと思っていた番人の旅心に火を着けました。
弘前城と岩木山を見て生シャンソンを再び聞きに行こうと思っております。

 

 

さて、7月に入り、KUMIKOではナツツバキが咲き出しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

紫陽花の紫、ザクロのオレンジが鮮やかです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

湿気が多いのか連日躰に応える暑さですね。
本日KUMIKOの外は35度までいきました(!!)
でも中は28度で爽やかです。
外に出る度、暑さと湿気にいちいち驚いていました。

明日は建築工房です。(郡山)
ここは同じ28度でも暑い!外壁が熱々になっているのが躰にじりじりと来るのです。
建て方、建材、の違いです。
建物に何を使うか、素材は重要なのです。

 

朝晩はまだ涼しいので救われますね。
睡眠をよくとって梅雨の終わりの暑さを乗り切りましょう。

ではまた、ご機嫌よろしゅう。

ふくしまの木の家KUMIKO 番人より 2018.7.2

 
実物サイズで、リアルな生活を体感できる。 
KUMIKOのデザイン・技術を余すところ無く注ぎ込んだ、展示場。 
自然素材へのこだわりとデザインへのこだわりが凝縮された展示場へ、どうぞご来場ください。

KUMIKO展示場へようこそ

杉の特性、伝統構法の技、そして心地よさ。
あなたのその目で、その身体で、その五感で感じてください。
体験したことのない温かさがあなたを包みます。