☆冬のKUMIKO☆

KUMIKO便り

2015年12月12日

KUMIKO便り

2015年12月12日

☆冬のKUMIKO☆

昨夜ラジオ深夜便でヴィヴァルディの四季・冬を久々に聞きました。
第一楽章の、吹雪が吹きすさぶ夜を思わせる冷たい厳しい描写と、冬の日がキラキラと雪原に光る様を、ストーヴの薪がはぜる音のする暖かな部屋から見ているような第2楽章を続けて。

眠りに入る前に好きな曲を聞けてちょっと幸せな夜となりました。
好きという感情には理由などありませんね。
心にすっと入ってきて全身に染みわたっていきます。

昨冬は第2楽章に詩を付けたNHKみんなのうた『白い道』を載せましたので
今年は原曲を聞きながら冬の穏やかな光の中のKUMIKOをご覧ください。

今、垣根のさざんかが満開です。

葉が落ちた後には来春の準備がしっかりできています。
冬は熟成の時間です。

年の瀬の準備に慌ただしい事と思いますが
どうぞ身体に気を付けてお過ごしください。
では ごきげんよろしゅう。

福島の木の家KUMIKO番人より

 
実物サイズで、リアルな生活を体感できる。 
KUMIKOのデザイン・技術を余すところ無く注ぎ込んだ、展示場。 
自然素材へのこだわりとデザインへのこだわりが凝縮された展示場へ、どうぞご来場ください。

KUMIKO展示場へようこそ

杉の特性、伝統構法の技、そして心地よさ。
あなたのその目で、その身体で、その五感で感じてください。
体験したことのない温かさがあなたを包みます。