ブログ嶋影健一の想い

2019年02月21日

ブログ嶋影健一の想い

2019年02月21日

私とKUMIKO

私は昭和17年(1942年)11月15日(七五三の日)に郡山市で生まれました。

地元の小、中、高を出て、芝浦工業大学の建築学科に進み、卒業後は設計事務所に就職し、最後は静岡県の(株)高木滋生建築設計事務所に6年間(28才~33才)お世話になりました。

事務所近くの母校

この事務所は高木滋生先生(東京芸大で宮脇檀氏と同級)を初め、東京芸大出のスタッフ(3名)が
中心を担っており、その当時芸大の教授であられた吉村順三先生の影響を受け、暖炉を中心に自然環境への配慮を重視していました。

その代表的なのが吉村先生の「軽井沢の別荘」です。

建築工房(地球と家族を考える会の事務局)の壁に大切に貼ってあるチラシ 中央が木々の緑に包まれた軽井沢の別荘です

噂ではお客さんがこれを見た時に、「風呂敷に包んで持って帰りたい」と話されたそうで、素晴らしいの一言です。
私は残念ながら外観しか見ていませんが、設計する時には何時もこの建物を思い出します。

33才で郡山に戻り、(有)建築工房を立ち上げて、住宅、マンション、事務所、幼稚園、保育園、老人ホーム等の仕事をさせて頂きましたが、1997年に京都で「地球温暖化防止」に関する「京都議定書」(COP3)が採択されました。
以前から自然環境へ配慮をしてきたつもりですが、尚一層努力をしなくてはと、吉村順三先生の一番弟子である奥村昭雄氏の「OMソーラー」を積極的に採用してきました。

しかし一番気になったのは、一般の木造住宅の地震対策が金物(剛性耐力)に頼る事です。

その結果建物の寿命は30~40年しか持たず、ゴミがどんどん増えて※、自然環境に負荷を掛け続けるのです。

なぜ日本の伝統文化である,寿命が数百年の世界に誇れる「古民家」を参考にしないのか。

結論は、金物は簡単に耐力計算や施工が出来ますが、古民家は計算や施工が難しく、一般には向かないことです。
それでは、古民家の構法を取り入れた独自の考えを実現しようと、「合同会社地球と家族を考える会」を立上げ、実験を重ね、大臣認定を取得し、その第一号として「ふくしまの家KUMIKO」が完成しました。

次回は構想から実現まで長い時間がかかったKUMIKO誕生までの経緯を書いていきたいと思います。

※家に限らず建築物の終末期は殆どが、燃やせない&リサイクルもできない=産業廃棄物になります。
土にも還らず、未来永劫ブルーシートの下に存在し続けるのです。
そのブルーシートも今の日本では満杯状態です。

 
実物サイズで、リアルな生活を体感できる。 
KUMIKOのデザイン・技術を余すところ無く注ぎ込んだ、展示場。 
自然素材へのこだわりとデザインへのこだわりが凝縮された展示場へ、どうぞご来場ください。

KUMIKO展示場へようこそ

杉の特性、伝統構法の技、そして心地よさ。
あなたのその目で、その身体で、その五感で感じてください。
体験したことのない温かさがあなたを包みます。