☆新年☆

KUMIKO便り

2014年01月24日

KUMIKO便り

2014年01月24日

☆新年☆

2014年が明けて初めての便りです。
遅ればせながら、今年もKUMIKOを宜しくお願いします。

先ずは、木の家KUMIKOらしい年の初めのご挨拶を。
青空の下、すっくと立つ木の鳥居です。

社殿の上にコンクリートのマンションが写っていますが、これは写真のトリックではなく、生でもこう見えます。
ここに住んだらご利益ありそうと思いません?

それにしても、木組みの鳥居は威厳があり、美しさがあり、いつも見ているコンクリート鳥居の百倍位ご利益がありそうでした。
年の一番初めに、こんなに素敵な神社に参拝できたことに感謝!

初詣については、近年不思議に思うことがあります。
以前より、初詣の人出が格段に多くなっているとは思いませんか?

我が家の近くにある神社では数年前はさほどの人出はなく、ごく普通に初詣できたのですが、この2~3年は神社へ通じる道が渋滞するので交通整理員が出るほどです。

今年の元旦は鳥居から社殿まで1時間待ちの行列だったと地元紙に報じられていました。
年の初めに手を合わせる。この素晴らしい慣習が年々より多くの人に広まる?のは悦ばしい事ですが、なぜ急に増えたのかと不思議に思うのは番人くらいでしょうか??

ところで、伊勢神宮・出雲大社は共に昨年が遷宮の年でしたので、参拝者はこんな地方の神社の比ではなく、しかも、今年の初詣は例年をはるかに凌いだとのことです。

正月のNHKスペシャルでこの二つの社の遷宮について取り上げていましたが、神話の世界や天皇家のルーツが絡み合い、非常に興味深い内容でした。
テーマはなぜ遷宮をするのか。

・・なぜ遷宮をするか?昔、建築の授業で習ったのは
『建築技術の伝承のため』
このシンプルな理由は、若い学生の腑にストンと落ちました。

建てる技は一朝一夕には習得できません。
建築、特に自然の素材で造る木造建築は大工達の腕・技に掛かっています。
だから、親方から弟子にその技を伝えることができるのが20年周期がちょうど良いのだ、と教えられました。

更に、伊勢神宮は土に直接柱を建てる「掘立柱」が社を支えます。
木は水の中であれば、つまり100%の水分であれば、容易には腐らないのですが、半端な水分では腐る。
土の腐朽菌が水分と一緒になってじわじわと木を腐らせるので、土に直接建てる柱はある程度の周期で建て替えねばならないのだ、とも教わりました。
だから、すべての材を新しくするのだと。

それじゃ困る、と石の上に柱を建てるようになったのが石場建てという、古民家や社寺仏閣で見られるものです。土から木を離すのですね。

では、60年に1度の出雲大社の遷宮は、といいますと、こちらは全てを新しくするのではなく、古くなった部分のみを直します。使えるものは全て使う。という方法なのでそれはそれで伝承可能なようです。
解体する時に、前回の技法がわかるので、それに倣って同じように造っていくらしい、です。

NHKスペシャルでは、こんな建築側からのちっちゃな「事情」だけに留まらず、世界に類を見ないものとして様々な角度から掘り下げ、本邦初公開の情報をぎっしり詰めて送ってくれました。
共に、木と木とを組んで造りあげていく板倉造りのKUMIKOの元祖でもありますので、ぜひ生を見たいものです。
それに、遷宮によって神様のお力が新しく強くなっている時と聞けば、なおのこと行って神頼みしたい気持ちの高まった番人でした。

さて、今週末、KUMIKOは昨年全7回で開催した木の家講座の番外編を開催します。
木と放射能に関して、放射線医学総合研究所の工学博士吉田聡氏に 「環境の放射能:森の話を中心に」と題してお話し頂きます。
(詳細はトップをご覧ください)
昨年1月の木の家講座は大雪になりましたので、今年はお天気に恵まれますように・・・。

インフルエンザが流行し始めたようです。
みな様どうぞ体調管理に気を付けてお過ごしくだい。
では、素敵な1週間を。

福島の木の家KUMIKO番人より

 
実物サイズで、リアルな生活を体感できる。 
KUMIKOのデザイン・技術を余すところ無く注ぎ込んだ、展示場。 
自然素材へのこだわりとデザインへのこだわりが凝縮された展示場へ、どうぞご来場ください。

KUMIKO展示場へようこそ

杉の特性、伝統構法の技、そして心地よさ。
あなたのその目で、その身体で、その五感で感じてください。
体験したことのない温かさがあなたを包みます。