KUMIKO便り(ブログ)

2019年02月28日

KUMIKO便り(ブログ)

2019年02月28日

あったかい家に住みたい

2月19日はスーパームーンでした。
早い時間には夜空に煌々と輝いている満月を見る事ができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真は一昨年より設計を開始した、引渡し直前のギャラリーです。
隣には同時進行で建設を進めてきたオーナー様のご自宅が建ちます。

昨年の8月より約7ヶ月かけて今月2棟同時に竣工しました。
KUMIKO独特のシンプル、且つ軒の出の深い屋根の上に登る満月前夜、14番目の月です。

「あったかい家に住みたいから建てるんです」とおっしゃったお施主さん。

引渡し前夜はここに19時近くまでいましたが、屋内は暖房無しでも21度あり、全く冷えずに作業ができました。
暖房(エアコンやストーブ)をつけなくてもこの温度です。
これがKUMIKOの造りからくる暖かさです。

 

冬に人工的な暖房を多用しなくても温かい家は本当に楽です。
震えながらトイレに行き、寒い夜にストーブに灯油を入れながら思います。
冬の我が家は朝の出勤時には3度程度。
そんな寒い家を出て、数10分。
KUMIKOに着けば中は13度位あり、この9年間毎週末温度計を見る度、暖かさにつくづく感謝してしまいます。

光熱費も違ってきます。
電気や灯油を使わずに暖かく、涼しく過ごせたら一生の内どれほど光熱費が下がることか。
なにより、躰に良いです。
茶の間を一歩出れば10度~15度も違って、ひっくり返りそうになる我が家から比べれば
ヒートショックの少ない家は健康寿命も延びるかもしれません。

これは床・壁・天井に使われている杉の持つ断熱力と、木が由来の断熱材セルロースファイバーのお陰。
更にお施主さん達の住まいは外壁にALC(軽量気泡コンクリート)を使いますのでKUMIKOよりなお暖かく過ごせます。

特筆すべきは太陽熱を活用する「そよ風」の力です。
冬期間は特に足元の冷えが無く、助かります。

またまた我が家を引き合いに出しますが、
畳もフローリングも外気温とほぼ同じ温度です。
ある日の朝は8度でしたが、KUMIKOに着けば15度ありました。

遥か昔の話しですが、建築の恩師の言葉「部屋は15度あれば寒くない」が忘れられません。
以来、私の中では15度が分かれ目です。
本当に15度あれば冷えません。

KUMIKOは午後3時頃で薪をくべるのをやめてしまうのですが、
夜も日中のぬくもりが残っていて、床温度は20度を越えます。
足元の温度差は体感温度に大いに影響します。

※番人は赤外線放射温度計を持ち歩いています。

そうそう、災害級の暑さと言われた昨夏も、我が家は35度まで室温が上がり、そりゃもうびっくりしましたが、KUMIKOは冷房をつけなくても29度くらいです。
クーラーを使わずにこの程度ですからちょっとクーラーを入れ、扇風機を使うなどですぐに涼しくなります。
本当に体が楽です。

 

さて、須賀川の中心地からKUMIKOへとくる途中に紅梅の木があります。
2週間ほど前から咲き出しています。
今年は雪かきも1,2回しただけで、さほど寒くならない内に「雨水」を迎えてしまいました。
金沢でも平年の2割しか雪が降らなかったと、ちょうどニュースから流れてきましたが、
KUMIKOが2010年1月にopenしてから9年、こんなに雪の無い須賀川は初めてです。
温暖化を実感する冬の終わりです。

KUMIKOは山の木(日本)の出口となり、地球温暖化抑制に微力でも役に立ちたいと思っています。
山の木は温暖化ストップの要です。
今月より「ブログ嶋影健一の想い」を始めましたが、上司嶋影の最近の口癖は「2040年地球滅亡へのカウントダウン」の前に!です。
駄目になる前にできる事をしなければならない。
私達建築に携わる者は「温暖化」を考えた仕事をしなければと思います。
冷暖房の多用は温暖化を促進させます。
建物の力で少しでも抑制できることを願います。

 

先日「新・北斎展」に行って来ました。
入場50分待ちなど公式サイトにありましたのでオープン時間前に六本木ヒルズに到着しましたが、
すでに並んでいることに驚き、チケット売り場にたどり着いて行列用のロープに渦巻く人の波にまた驚き。
でも、これが20歳のデビューから90代で亡くなるまでを東京で通しで見ることができる最後の機会とのこと。
観覧者の人波に揉まれながら見て来ました。

20歳のデビューから次々と名前を変え、作風を変えていった北斎。
それぞれの時期にその時々の名前をつけてブースは6つに区切られていましたが、
全ての作品に人間の執念を見る思いがしました。

先一昨年に小布施の岩松院本堂で天井絵「大鳳凰図」を見て来ることができましたが、
21畳もの大きさの絵は北斎89歳の時の作です。
とどまるところを知らない上昇志向、高齢になっても大作に挑み続ける姿勢は
70年分を一気に見ると
その迫力に飲み込まれそうな気分になります。

ギャラリーショップでも行列でしたが、番人お気に入りの作品の葉書を求めてきました。
仕事柄なんといってもこれ、富嶽三十六景 遠江山中。(写真左)
そして神奈川沖浪裏。(写真右)
亡くなる前年に書かれた富士越龍図。
しゅっとした富士、そして天に昇っていく龍、これはもうなんともいえません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当会の代表も今年誕生日がくれば77歳になります。
北斎展の6つに分けた人生でいえばの最後の「画狂老人卍期」となります。(!)
しかし、89歳で江戸の葛飾より信州小布施まで旅をし、21畳もの大作を完成させた北斎を思えば
まだまだ、といったら叱られるでしょうか?

タイトルを「想い」より「吠える」としたかった「ブログ嶋影健一の想い」。
今月より連載を始めました。
これから、彼の建築にかける熱い想いを綴っていきます。
ご一読頂ければ幸いです。

冬から春への季節の変わり目です。
スギ花粉も飛び始めた様です。
どうぞご自愛下さいね。

では、また次回お会いしましょう。
ご機嫌よろしゅう。

福島の木の家KUMIKO番人より

 

ふくしまの木で造る木組みの家KUMIKO
リフォームも大歓迎です。
どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。
024-923-5400 (火・水 定休)
info@earth-family.co.jp

KUMIKO展示場 の営業は
土・日 の 10時~17時です。

 
実物サイズで、リアルな生活を体感できる。 
KUMIKOのデザイン・技術を余すところ無く注ぎ込んだ、展示場。 
自然素材へのこだわりとデザインへのこだわりが凝縮された展示場へ、どうぞご来場ください。

KUMIKO展示場へようこそ

杉の特性、伝統構法の技、そして心地よさ。
あなたのその目で、その身体で、その五感で感じてください。
体験したことのない温かさがあなたを包みます。