☆泉州たおる☆

KUMIKO便り

2017年08月31日

KUMIKO便り

2017年08月31日

☆泉州たおる☆

KUMIKOの周りでは 稲穂が黄色味を帯びてきています。実りの秋ももうすぐです。

mini_130804_0930

 

空も秋の雲になってきましたね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

KUMIKOの庭では夏の終わりの花、百日紅が満開です。
枝が重たげに垂れています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ところで、今回は最近番人がはまっている泉州タオルの話です。
巷では四国今治のタオルが有名ですが、大阪の泉州と言えば今治より古く、日本のタオル産業発祥の地でもあります。

偶然使った1枚のフェイスタオルから始まり、バスタオルは更に気持ちいいので更に気に入り、洗っても洗っても元のフワフワに戻るタオルの虜になってしまいました。

気づけばあちらで使うものも、こちらで使うものも、みな同じタオルになっていました。

気持ちの良い使い心地だけでなく、こんな良いものが日本にはあるのだということをもっと多くの人に知って欲しいと思って、友人、知人にお礼、お返しで配りまくっています。

しかし、現在の日本は古くからの家庭内工業的なものは安い中国産等の輸入品に押され、危機的な状況である事は誰もが知るところです。
泉州も廃れてしまわないかと心配していたところにテレビで「究極のオーガニックタオル」というタイトルを見つけ、思わず真剣に見てしまいました。

懸念通り、泉州でも全盛期には700近くあったメーカーが現在は1/7にまで落ち込んでいるそうです。
ですが、このまま淘汰されてはいけない!と、良いもの、誰にも真似のできないオンリーワンを作れば外国産のタオルに負けないと奮起した作り手がいます。

それが奥織物株式会社の奥さん親子です。(どうやら会社は二人だけでやっているようです。従業員の姿がまったく画面に映りませんでした。)
二人が9年かけて作り上げたのが「究極のオーガニックタオル」。

オーガニックタオルの原料は、ウガンダの無農薬、無化学肥料で真面目に育てられた有機栽培綿。
そして自ら手作りするシアソープに、自ら掘った井戸水。
それだけです。

ウガンダでも外国産の安い商品との競争で苦境に立たされていましたが、それでも彼らはひたすら真面目に昔ながらの栽培法で綿を作り続けていたのだそうです。
その姿勢に心を打たれた奥さん親子は、ほんまもんの綿を使ってほんまもんのタオルを作ろうと決意したのだそう。

例えば、繊維には本来油分が含まれていて、洗い落とさなければ水をはじき、タオルの吸水性を悪くします。
そこでタオル製造には「洗う」という工程が入ります。
通常は高濃度の化学薬品を使って洗うのですが、奥さんのタオルはシアソープと井戸水だけで洗います。

これだけ書くとえっと思いますが、通常薬品を使わなければ難しい工程を、躰にも環境にも優しい手法で可能にしたのはシアバターの木の種から採れる油脂で、自ら手作りする無添加せっけん「シアソープ」と、地道に研究を重ねた結果辿り着いた井戸水での特別な洗い方によるものなのです。

更に、洗い終わったタオルは自然乾燥で仕上げます。

奥さんが一つ一つ手で竿?に干している様子が映されました。

もし、私がすでに泉州タオルを使っていなかったとしたら、この場面だけでも即購入を決めたと思います。
それほどそのアナログな姿は神々しいものでした。

商品は正直です。タオルを使った私にちゃんと作り手の心をまっすぐに届けてくれていたのですから。

こうして9年かかって辿り着いた究極のオーガニックタオル。
その柔らかさは化学薬品で洗い、高速機で織られたタオルとは大きく違います。

番組では、ウガンダフェアの会場で一生懸命オーガニックタオルを説明する親子の姿が映されました。
来場していた消費者からは柔らかいから赤ちゃんに使いたいとのコメントがあり、やっぱり泉州!と思わず誇らしくなった番人でした。
番人もかなりのサポーターです。

さて、ふくしまの家KUMIKOにとってこの材料を使いたい、使わなければ、という材料は福島の杉です。

 

知れば知るほど、地元産の木を使う事が住み手の健康にも、地球環境にも良いことが分かり、新建材や外国産材を使うことの弊害が分かってくると、福島の木で、体に害のない材料(建材)で、そしてそれを生かせる構法で作らなければならないのではないかと思えたのです。

それが住み手にも地域にも環境にも良いのではないか。・・・そんな事を思い始めたのが20年ほど前の事でした。
これが後になって「KUMIKO」へと集結します。

モデルルームKUMIKOができて8年経ち、その不思議なあったかさ、涼しさといった居心地の良さが、他の材料や建方では得られない、何ものにも代えがたいものと分かってきました。
健康にも環境にも良いのはわかっていたけれど、この気持ち良さは実は想像以上、想定外(!)の事でした。
「イイだろうとは思っていたけれど、これほど気持ちいいとは思わなかった!」が当初何度も口にしたボスと番人の感想です。

オーガニックタオルもウガンダの綿を使うことは健康にも環境にも良いと思ったから始めたのでしょうが、その綿を活かすべく製造方法に工夫と研究を重ねたから、結果フワフワのタオルができたのでしょう。
タオルもKUMIKOも手作りの工程が沢山あって、共にアナログな商品です。
それが、使い手、住み手の喜びに繋がるならアナログ万歳です。

今、タオルのフワフワとKUMIKOのあったかさ涼しさは、ボリュームは違えど番人にとってのイッピンとなっています。
タオルは少し高いかもしれませんが、持ちが違います。
これだけ使ったら他のタオルならバリバリ、クタクタになってしまうと思うくらい使い込んでいますが、泉州タオルは驚くほどへたりません。
結局はお得な買い物になっています。
KUMIKOも暖房や冷房の光熱費がほかの家(比較は暑くて寒い我が家ですが)よりかかりませんので、同じですね。
(持ちも、親子三代、百年持つ家を目指しています)

 

今日は一気に涼しくなりました。
こう、劇的に気温が変わるとついていくのが大変です。
こんな時期はどうぞ無理せず躰を労わって、少しゆっくりお過ごしください。

ではまたお会いしましょう。
ご機嫌宜しゅう。

 

ふくしまの家KUMIKO番人より

 

 
実物サイズで、リアルな生活を体感できる。 
KUMIKOのデザイン・技術を余すところ無く注ぎ込んだ、展示場。 
自然素材へのこだわりとデザインへのこだわりが凝縮された展示場へ、どうぞご来場ください。

KUMIKO展示場へようこそ

杉の特性、伝統構法の技、そして心地よさ。
あなたのその目で、その身体で、その五感で感じてください。
体験したことのない温かさがあなたを包みます。