☆雑草☆

KUMIKO便り

2017年07月31日

KUMIKO便り

2017年07月31日

☆雑草☆

一雨ごとに伸びるのかと思う程、雑草が凄い季節です。
雨と雨の合間に雑草取りに励まねばなりません。
長~いアプローチ(22m!)のレンガとレンガの隙間から生える雑草だけでも抜かねば!
と毎週格闘しております。・・・が・・・。

アプローチと、インターロッキング駐車場だけで体力的にも時間的にもMAXになってしまって、レンガ以外の土部分まで十分に攻め込めないでおります・・・。
KUMIKOに来た時、雑草に驚かないでくださいね。

リビング前の庭はスギナ以外の雑草を抜きまくります。
特にセイタカアワダチソウ。
片っ端から抜いているのですが、これも手ごわいですね。

アメリカ原産のセイタカアワダチソウ、日本原産の植物を駆逐し一人勝ちしているような気がします。
これは、セイタカアワダチソウが根から毒を出して他の植物を枯らしてしまうことから起こっている現象なのだと静岡大の稲垣教授がテレビで言っていました。

でも、面白いことにこのセイダカアワダチソウ、周りが枯れてしまうと、ライバルがいなくなったことによって今度は自分の毒で自分が枯れてしまうのだそうです。
面白いですよね。
一人勝ちはできない仕組みが自然界にはあるのです。
ライバルはどこの世界にも必要なのですなぁ。

日本では免疫のない国産植物が負けてしまったのですが、アメリカでは他の植物も一緒に進化してきたから負けないのだそう。
そんな話と、自身の毒によって自分も枯れてしまう話し、人間界にも例えられそうです。

さて、この雑草って、抜いても抜いても生えてくるイメージがありますが、稲垣教授によると実は種をまいて育てようとすると一律に育たないのだそうです。

同時に種を蒔いても、勢いよく伸びる草があるかと思えば、まだまだ芽を出さないものもあるのだそう。
同じ条件、環境なのにです。

これは、花や野菜では無い現象なのだそうです。
それが個性というものとのことで、人間界でも「個性を育てる」とかよく言いますが、一律に揃えたくなったり、自分好みにしたり、とやっぱり育てるのは難しいですね。

ところで、雑草の一つ、よつ葉のクローバーって幸せのシンボルのような存在ですが、KUMIKOがオープンした次の年の2011年震災の起こった年に、番人は庭で2つも見つました。

嬉しくって、あちこちに写メを送ってしまいました。

でも、面白いことに、よつ葉のクローバーはよく踏まれる場所に生えるらしいのです。
「雑草のような人」といったら踏まれても踏まれてもへこたれずに生きるというイメージがありますが、実は雑草は踏まれたらそれなりに横に向いたり、ちっちゃくなったり、変形したりして生き延びるのだそう。
それで、三つ葉が変形し、よつ葉になるらしいのです。

あれ以来、よつ葉にはお目にかかれてないのですが、そんな話を聞くと、あの時のクローバーは何があってもめげずに生き延びよ(仕事に励め)、
という天からの啓示だったのかも?と今頃になって思う番人です。

KUMIKOは建築に携わるものとして住まいから幸せになってほしいという思いで試行錯誤の末にたどり着いた住まいです。

今日は雨と晴れ間が繰り返されましたがKUMIKOの室温は一定でそんな外界を感じない居心地でした。

どうぞお茶を飲みにおいでください。
KUMIKOの庭は雑草と樹木の緑に包まれています。
しばし、雑念を忘れぼーとするのも良いものです。

酷暑が続くかと思うと、妙に涼しい日があり、なかなかついていくのが厳しい気候です。
どうかお躰大切にお過ごしください。

ではまたお会いしましょう。
ご機嫌宜しゅう。

ふしまの木の家KUMIKO 番人より

 

 
実物サイズで、リアルな生活を体感できる。 
KUMIKOのデザイン・技術を余すところ無く注ぎ込んだ、展示場。 
自然素材へのこだわりとデザインへのこだわりが凝縮された展示場へ、どうぞご来場ください。

KUMIKO展示場へようこそ

杉の特性、伝統構法の技、そして心地よさ。
あなたのその目で、その身体で、その五感で感じてください。
体験したことのない温かさがあなたを包みます。